電気工事士に転職して成功した話

電気工事士は独立もできる仕事

 電気工事士は魅力的な仕事です。電気というかなり危険だと考えられているものを扱う為に、国家資格として認定されていて、この資格がないと該当する業務ができません。先ずこの資格を取得した上で、電気工事関連業務を扱う会社に就職し、そこで実際の業務の仕方を学んでいく人は多数だと思うのですが、その後独立して、業務を受注し、自分の会社として大きく育てて行っている人もかなり多い業界だと言えます。

業務内容に危険を伴う事は確かなのですが、電気工事業を営む会社は、安全管理という面には、極めて深く注意を払っているので、総合的にみると、然程安全性が低い業務であるという事はありません。独立して自分で安全面も管理するようになった場合には、より安全な方法等を考慮しつつ業務を遂行する事自体も、各自の考察力次第であるという面もあり、様々な面で能力を発揮する事が必要な仕事であるとも言えます。

「電気工事士」という名称が付く国家資格には、「第1種電気工事士」「第2種電気工事士」がありますが、一般的には、先ず「第2種電気工事士」の資格を取得して、業務に従事することになります。「第1種電気工事士」は、資格の取得自体に業務経験等が必要な事もあり、「第2種電気工事士」の資格を持っている人が上位資格として取得を目指す場合が多いという事になります。

電気関連の主要な資格には、他に、「電気主任技術者」(第1種~第3種)というものも有り、その内「第3種電気主任技術者」は、理論面においては「第1種電気工事士」の上位の資格であるとされている為、「第1種電気工事士」である人が「第3種電気主任技術者」の資格も取得しようと頑張って勉強している人も多くいます。

電気の仕事は、現場の技術が学術的な理論と密接に結び付いている為、理論面での学習が仕事で生きてくるという事が数多くあり、いろいろな事を学びたいという人にとっては、そういう面で、楽しめる仕事であると言えるかもしれません。

電気工事士の仕事には、新築や改修に伴なう一般家庭の電気工事、ホテルや商業ビル等の大規模な電気工事、街路灯や橋梁におけるの照明等の設置、各種電気設備の保守管理業務等、多岐に渡ります。最近では、電気工事業務の経験を生かして光ファイバー線路等の設置や故障対応・管理等、電気通信の分野へ業務の範囲を広げている電気工事会社も見られます。独立も可能な仕事である電気工事士は、様々な面から魅力的な仕事であると言えるでしょう。