電気工事士に転職して成功した話

電気工事士は将来性もある仕事

電気工事士は将来的にも安定している仕事!電気工事士という仕事をご存知でしょうか?文字通り電気の工事を行う専門の人ですが、その工事範囲は一般的な建物、会社や商店、学校、一般住宅から橋や道路を含む公共施設など普通に私達が目にする殆どの場所での電気工事を行う専門職の人です。

電気は、今の暮らしには無くてはならないもので、電気のない暮らしなど考えられないという人がほとんどだと思います。その電気を使うためには、普通屋内のコンセントに線を繋いで使うわけですが、そのコンセントまで外の電線から繋ぐ必要が有る事は誰でもわかることです。ただ、その繋ぐ作業を誰でもやって良いというのでは有りません、それをやるためにはきちんとした専門知識と技術が必要です。

その技術と知識を持っているのが電気工事士なのです。電気の需要は年々高まって、今では自分の家にソーラーパネルを設置したり、ガスを使わないですべてを電気で行うオール電化の家も増えています。そんな現状では電気工事士は将来的にも必要とされる資格です。また、現在の最先端の自動車はガソリンとモーターを使うハイブリット車から、外からの充電にも対応したプラグイン・ハイブリット車になりつつあります。

さらに完全な電気自動車も実用化され一般家庭にもこれらの充電設備が在るのが普通になるかもしれません。つまり、電気の将来性を考えるとこの資格を持つ人は必ず必要とされ、電気の需要と共に伸びて行くものでしょう。一般に電気工事士というと第一種電気工事士と第二種電気工事士との事を言います。実際、家やビルなどで工事を行っているのはこの人達です。

ただ、ネオン工事や非常用予備発電装置は特殊電気工事資格者という、別の資格が必要です。また、発電所からの送電線を扱うのはまた別の資格が必要です。そして、最近はメガソーラーや個人住宅にソーラーパネルを設置して自家用の電気を賄ったり、電力会社に電気を売るところも増えてきました。実はこれらの工事も電気工事士の資格が必要です。また、その電力会社も電力の自由化で新規参入する業者が増えて来ています。

今後、ますますその競争が激しくなると予想され、業者の切り替えやサービスの向上などで電気工事士の仕事は増えてくると予想され、将来性を考えるとこの資格を持つことは有望だと思われます。つまり、電気工事士の仕事はこれから、何かの都合で電気が一切使用できない事態が発生しない限りそういう事態は天変地異がないと想像できませんが)、常に必要とされ、伸びてゆく資格だと思われます。