電気工事士に転職して成功した話

電気工事士の資格はとっても簡単

電気工事士の資格を持つことができると、技術を生かして仕事ができるので、年をとってからも収入が安定することが分かりました。肉体労働が苦手でも手先と知識を使うことが好きなので、電気工事士になるための試験を受けてみようと考えました。

電気工事士の資格を取るためには試験を受けないといけないけど、受験資格に制限されていないから誰でも試験を受けることができるのがうれしいです。たとえば、医療系の資格だと専門学校や大学を出ていないと受験資格がないのに、電気工事士の資格ならやる気さえあったら誰でも資格を取ることができるんですね。

もちろん、試験に合格することが最低条件になっているけど、勉強すれば電気工事士になれるのはとてもやる気が出ます。こんな理由から私は電気工事士になるための試験を受けてみようと思いました。勉強方法はネットで調べたらたくさん載っていますが、通信講座で勉強する方法とテキストだけ買って勉強する方法があります。

通信講座で勉強する方法は費用が安くて魅力的なのですが、テキストだけ買って勉強するとさらに費用を抑えて勉強できることからテキストだけ買って勉強することにしました。それに、電気工事士の合格率は50%~60%の合格率なので、かなり高い合格率になっていることもテキストだけ買って勉強すれば合格するのではないかと思った理由です。

実際にテキストを読んで勉強していると、最初の基本を勉強することが大切なのがよく分かります。基本さえ頭の中に入れておけば後は応用問題を対応していくことになります。それに、常識的な内容もあるので勉強してみるとすごく難しいことはありませんでした。ちなみに、試験ではマークシートの問題が出されるので、正解する確率はアップします。

試験では実技も見られることになります。実技と聞けばかなり難しいのではないかと思うかもしれませんが、普段から作業をしているとすぐに慣れることができる内容です。電気工事士に興味のある人は、工具の使い方は分かっている興味があることが多いですよね。それなら、実技の方もすぐに慣れるから大丈夫です。

私もスピードはそんなに早くないものの、作業をすることができるようになりました。ですので、ほとんどの人は電気工事士の勉強や実技内容についていけると思います。私でも勉強しだして半年ほどで試験に合格することができましたので、電気工事士の試験を受けて本当に良かったと思います。